妊娠生活で20キロ太ったけど出産は1時間もかからずあっという間の安産でした

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s
臨月になると、積極的に動き、しっかり体力をつけて出産に臨みましょうと言われています。

簡単なウォーキングであれば血液循環がよくなり、むくみや、妊娠中毒症などを防ぐ事ができます。出産の際にかなりのエネルギーを使うので体力をつけるのはとても大事なことなのです。

けれども人により、歩きすぎが原因で、破水したり、お腹の張りが強くなってしまったり破水することもありますので、決してやりすぎず、気分転換程度にしましょう。妊娠、それはやはり奇跡に近いんだなと思いました。
今二人の子供がいます。

幸い二人とも妊娠を望んだら間もなく授かり、自然妊娠でした。

このことは非常にありがたいことだと思っています。

妊娠から出産までの経緯は、もちろん人により異なりますが、私もつわりになり、また体質的なものだと言われていましたが、お腹の赤ちゃんがとても小さく、自宅安静を余儀なくされ、不安な日々を送っていました。妊娠すればよいということではなく、ちゃんと産まれるまで、安心はできないかな、と思っています。

切迫早産だった私が妊娠中に気をつけた事は、身体を冷やさないようにという事でした。例え夏でもいつも靴下を履き、足首を触って冷たいときはレッグウォーマーも付けていました。もちろん裸足にサンダルなどありえません。
冬は腰に貼るカイロ、足の先にもカイロを入れていました。暑さで冷たいドリンクを飲みたい時もこれを我慢して冷えていない飲み物や温めたものしか飲んでいませんでした。
妊娠発覚後、つわりが非常につらかったのと身体の負担が大きい仕事だったため退職しました。

仕事を辞めるという人も多数いると思いますが、体力的に厳しくなければ、仕事を続けるのもアリだと思います。

妊娠中は葉酸が取れるサプリメントを摂るよう指示されたためちゃんと飲んでいました。

さらに貧血体質だったので、病院でもらった鉄剤だけでなく鉄分の多い食材を積極的に摂っていました。妊娠はとても素晴らしいことだと思います。愛する二人の間に赤ちゃんができたということは本当に嬉しいことですよね。
妊婦健診では超音波による検査をしますよね。
赤ちゃんの成長を診るためのものですが、赤ちゃんが男女どちらかを知ることもできます。
赤ちゃんが男の子、女の子どちらか気になる人も多いでしょう。

仮に希望していた性別ではなくてもがっかりしないで下さいね。お腹を痛めて産んだ子は世界一可愛いです。

私は40歳近くの高齢出産でしたので、多くのアドバイスを医師や先輩ママさん方から頂きました。

少し体重が基準より重くなっていたので、体重をきっちり管理するよう言われました。

しかしあいにく、食べていないと気持ちが悪くなる、いわゆる「食べづわり」だったので、一日中何かしら口にしている状態でした。

瞬く間に20キロ近く太ってしまい、足はまるで象のようにむくみ、妊娠中毒にもなり、入院寸前の劣等生妊婦でした。でも、出産は1時間もかからずあっという間でしたので、結果としては妊婦として合格点だったと思っています。
妊娠中はなにより妊婦さん自身がストレスを溜めないことが赤ちゃんにとっても一番大切なことだと思います。初産は大きく変わった自分の身体や周囲の環境に戸惑うこともあり自覚しなくてもストレスはたまっていくと思います。そういったときに、栄養の偏らないように、赤ちゃんのために、と健康のことを考えるのはもっともですが、無理をして行動、食事の内容に制限をかけることは精神的に負担になっていいことは無いと思います。心安らかに過ごすことが最も大切だと思います。妊娠中は妊娠前の自分の体とは違うということを意識する必要があります。特に妊娠初期はまだお腹も小さく妊娠する前と同じ感覚で動いてしまいがちです。でも妊娠初期というのは、赤ちゃんの体の基本となる大事な部分を作る時期でもあるので妊娠前と変わらずに調子がよくても、必要以上に動かないのが得策です。ゆっくりゆったりと構えるようにして、少しでも体の変化に気づいたら、体を休めることが大事です。

妊娠中に意識すべき点はいくつかあります。季節関係なく、お腹を冷やさないこと、急に重い荷物を持ったり、上のものに手を伸ばしたりしないこと。運動はほどほどを心がけ、全力で走ったりは避けること、規則的な生活をして生活リズムを整えること。
これらは妊娠中誰もが言われることだが、私が言われて最もためになったと思っていることがこれである。

産まれる前から、赤ちゃんに優しい言葉をかけてあげること。
優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産んでからもこの言葉は忘れられない日々である妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。
ストレスが溜まると、発散のために暴飲暴食したり、冷静な判断ができず危険な行動に出たり、ゆとりを持って日々を過ごせなくなります。

すると、母体に負担がかかることになり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。出産は人生の一大イベント。命懸けです。

あまりナーバスになってもいいことはないですが、いい状態で出産にのぞめるよう、リラックスできる心と体を作りましょう。

葉酸が子宮膜を厚くするから着床しやすくなるって本当なのか?

多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。妊活中の冷えは本当に禁物で、体を冷えないようにすることも、妊活で大切なことです。
そういうわけで、冷えを改善させる効果があるのは、腹巻や冷え取り靴下といったグッズです。

実際、これらを使うようになって冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、気軽にできて、さらに効果ももたらしてくれる妊活と言ってよいでしょう。

葉酸という栄養素は妊娠初期に多めに摂ると胎児に神経系の問題が起きるのを防ぐなど健やかな発育に良い効果があることが通説になっています。葉酸を摂ろうと思ったら、ブロッコリーやアスパラ、枝豆、またほうれん草などの葉物にたくさん含まれていて、上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、妊娠前から妊娠中の、全ての女性ができるだけ摂って欲しいと思います。

これから妊娠したいと考えている女性にも、妊娠中の女性にもビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。

葉酸は地味な栄養素ですが、胎児が順調に育ったり、細胞分裂を進めたりするのを助ける効果があります。葉酸はその名の通り野菜から摂取するもので、葉物の他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも豊富に含まれています。市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜が足りていないと思う方や先に挙げたような野菜が苦手な方にはぜひとも使って欲しいものです。私が妊娠することができたのは、葉酸を服用したおかげです。

私は葉酸サプリをテレビで見て、その重要性を悟りました。
妊活に励んでいる人が真っ先に飲むべきサプリでした。私は嫁いでから3年、赤ちゃんができませんでした。駄目元で、試しに飲んでみたのですが、半年後に本当に妊娠しました。妊活というものはつらいことも多々あるため心身ともに打たれ弱くなってしまいます。

なかなか妊娠に繋がらないと、うつ状態になってしまう場合もあります。

不妊の最大の原因はストレスだとも考えられています。不妊治療をしなくなったら、ストレスから解放され、直後に妊娠したという例も多いです。

妊活をしたことによってつらいことが多くなってしまうということを避けるために意識的にストレスを解消しながら続けましょう。

ここ数年でずいぶん知られるようになりましたが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。

赤ちゃんは生まれてくると、活発に細胞分裂を行いながら急速に発達していくのです。

そこで葉酸が使われることは言うまでもありません。
そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、お母さんのためにも、赤ちゃんのためにも欠かせないため、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりと含まれているサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。

こちらの会社が販売している葉酸サプリにはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。

葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。

こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。
これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方は案外多いようです。腸の働きを正常にするためにも、腸内環境が良くないと栄養の摂取にどんなに気をつけていても、栄養素はうまく吸収されないことになります。腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は体内に吸収されるので、葉酸を中心とした栄養素の効果を期待するのなら、腸内環境をきちんと整えることを意識していくべきです。
ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき、葉酸の効果が注目されています。

葉酸はもともとビタミンB群の一つとされてきましたが、近年はビタミンMと呼ばれることもあります。
造血機能を高めるビタミンとされていますが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのにはなくてはならないビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。
さらに、子宮内膜を厚くふかふかにするためにも葉酸は大事な役割を果たし、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、妊娠する確率が高くなります。見たところ全く関連性がなさそうなことですが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、重要な関連性があることが分かっています。

日々の絶え間ない研究の成果により、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、リスク因子であることが明らかになったのです。

もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。
今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方はすぐに治療を受けた方がいいと思います。