赤ちゃんモデルになる方法をまとめてみた

愛する人との子供って本当に嬉しいですよね。妊娠を知った時、すぐに旦那に言いました。
ただ、この後に控えていたつわりが非常にしんどいものでした…。私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、朝ごはんを少し食べたらまたすぐに気持ち悪くなりました。昼間はそのまま動けず。夕方には吐きながらも旦那の晩御飯のために台所に立ち、やっとの思いで作りました。

もっともピーク時は全くでしたが…。
しかしいずれ終わるものではあるので、赤ちゃんのためにもつわり中の妊婦のみなさん頑張りましょう。妊娠中はハイペースにならないように身近な人に手伝ってもらいながらのんびりめに過ごしてもらいたいです。

家の事に尽力しすぎるとお腹の辺りに緊張が走ったり仕事で力を入れすぎると体のコンディションが悪くなったり、精神衛生上も影響が出ます。

食事はつわりでひどいときには食べられるものを食べ、それは気にしないようにしてほしいです。

わたしはつわりがきつかったのですが、葉酸を含んでいるサプリは、気合を入れて少し取るように気をつけました。私は妊娠中、切迫流産、切迫早産で悩みました。

上の子を妊娠していた間は夫の両親との同居もあり、特別気を張っていたことも多かったのだと思います。あの頃を振り返ってみると同居していた義理の両親に気を使いすぎていたのだと思います。旦那の両親はもちろん年配者でしたが、もっと心を許して、買い物をお願いしたりすれば良かったと反省しています。2人目は切迫早産のために帝王切開をすることになりましたが、子供をたった1日で亡くさなければいけなかったという口惜しさは未だに消えません。
夫の両親や家族と一緒に住んでいる方は気を使うばかりの生活はやめて頂きたいです。
元気な赤ちゃんに会うために沢山手伝ってもらいましょう。

妊娠している間はゆっくりとした生活に努めるのが良いです。
妊婦になりたての頃は腹部の張りと言われてもピンとはこないと思いますが、とにもかくにも負荷をかけないことです。

自分的にはまだ妊娠以前の気持ちの状態なのでこれくらい平気とか色々やる事があって忙しい場合は心が焦りがちですが、負担をかけすぎると切迫流産で入院の可能性があります。ちょっとでも疲れを感じたら、体を休めるのがもっとも良い方法です。
リラックスしたスローライフも気持ちがゆったりして良いと思います。
妊娠中は食べるものに注意しましょう。
ビタミンAの過剰摂取は、胎児が先天性奇形になる可能性が高くなるという事で、レバーやウナギをあまり食べないようにしました。細胞分裂が激しい妊娠初期には特に意識しておく方がいいようです。

ビタミンAを多く含むウナギは妊娠中に摂れる範囲のビタミンAの最大量にただ一口で達する程でした。

妊娠23週目で子宮頚無力症と言われ、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。正産期までまだ期間がありますが赤ちゃんも2000グラムになるまで成長してくれて、早産の可能性はまだ残るものの、産休をもらい、穏やかに過ごさせてもらっています。

ネット掲示板等で同様に切迫早産やシロッカー手術を経験したお母さんのお話に励まされています。

このまま何事も無く元気な赤ちゃんを出産できるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。妊娠中はお肌が敏感になっています。ウォーキングやお散歩など適度な運動は必要なことですが、日焼けは避けましょう。

以前使っていた日焼け止めが身体に合わなくなり、肌荒れを起こすことがよくあります。そうなってしまった時には赤ちゃんでも使えるタイプの日焼け止めがオススメです。

こだわりの帽子やアームカバーなど、お気に入りの日焼け防止のための物を集めてお出掛けしましょう。

私は妊娠中に金属アレルギーが発症しました。

妊娠し始めの頃、指にさしていた結婚指輪の周辺が痒くなりだして、ちょっとおいておいたら炎症を起こしたようになりました。
病院に行ってみたら、肌が敏感になって金属アレルギー風になっていると言われました。

この出来事があってから、指輪つけることをやめました。妊娠している時だけで、出産してからは問題なくなり、今は金属に皮膚がかぶれることはありません。

妊娠をしていると皮膚は刺激に反応が早くなるようです。妊娠後期、特に臨月となると赤ちゃんが子宮の下部の方へ下がってくるので胃もすっきりめになり食欲もまして体調も楽になるといわれていますが…。

それに対し、体重計をじっとみつめます。膨れてきた子宮が股の近くのリンパと骨盤をずっと押し付けられる痛みやむくみが悩みの種になります。

約10万円と言われている検診費で家計が火の車の中、お金がかからないように身体の具合と付き合えないか。

日課として思いついたのが30分ほど散歩しYoutubeのサイトにある50分近くの安産マタニティーヨガ。
まるで船酔いのように吐き気が続くつわりの期間は本当に辛いものです。
症状や期間は異なりますが出来るだけ楽だと思える方法を探しましょう。
まずは、吐き気が増すのは空腹時、辛い時も時間が決まっている、などパターンを把握することで対策を立てることが出来ます。仕事をしている方は仕事中どうしても休憩を少ししたい時があるかもしれません。安定期に入っていないため言いにくいかもしれませんが、誰か一人だけでも少しの配慮がしてもらえるよう妊娠の報告しておくと良いでしょう。
赤ちゃんモデル一般公募企業まとめ